ハンドシャベル(スコップで掘る)

スコップで掘る

ハンドシャベルとは、スコップで自力で掘ることです。
勝手に命名!(mayuさん命名) ユンボの免許は取りましたが、「愛情を持ってやっていく儀式」というルールを勝手に作り、mayuさんと掘りました。
本来、直径2m、深さ20~30cmの植穴を掘りますが、根を深く張って水はけも良い状態にしたかったので、深さ50cmまで掘りました。
1時間以上掛かりましたが、次の穴を掘る元気はなくなります。
油圧ショベルの有難さが分かりました。

秀吉

[追記 3月12日]
実際には3m×3mの大きさで、深さ1m以上掘ることになります。

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る