ピオーネの苗を晩霜から守る!(動画)

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ



ピオーネの苗に袋を掛けます。
この吉備中央町の天空のピオーネ農園は標高が300~400mと高く、岡山でも中部に位置し気温が低い土地になります。
この地域では、5月の連休明けまで霜が降りることもあり、霜が降りると開いた芽が痛み生育が遅れるか、その後成長もしなくなることもありますので、非常に重要な作業です。
晩霜から守るだけではなく、ハウスと同じく保温効果もあり、成長が早まる効果も期待できます。
弱点は、雨の水が入りにくいので定期的に水を撒く必要があります。

秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る