岡山農業大学校 果樹総論2回目

5月14日(水) あめ
農業大学校②
本日の講義、
もちろん則武先生の講義であります。
【苗木の植え付け】
良い苗木の条件・・・根が多く、細根(ひげ根)がたくさんある苗木で病害虫のないもの。
                                     細根のことを働く根と言い、養分を吸収し、貯蔵する。
                                     太い根は、水分を運ぶのみだそう。
植え付けの方法・・・根を乾かせないようにする。
                                     覆土後、十分灌水し、乾かせないよう、敷きわらなどをする。
                                     晴天が続く場合7~10日毎に灌水する。
樹形の種類、枝管理、花・果実管理、病害虫の防除・・・等学びました。
先生曰く、果樹は無農薬では栽培出来ない、
無機栽培よりは
有機栽培のほうがクリーンで安全だとおしゃっていました。
☆mayu☆

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る