吉備中央町ピオーネ栽培実習4日目 「ジベレリン処理」1回目

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

6月12日(木曜日)雨時々雷

今日は、ピオーネ栽培実習4日目 「ジベレリン処理」の実習を学びに行くはずだったが…実習場は大粒の雨。更には、時々雷も鳴る状態!農場の方々は口をそろえてこういった。「雨でジベレリン処理もできないし、雷も鳴って外は危険なので、今日は講義です。」実習なのに講義でした。残念…

ジベレリン処理とは…植物成長調整剤(今回使うのは、ジベレリン、フルメット)を使用することによって、無種子化、着粒安定、果粒肥大をさせるために行う処理です。ちなみに、ジベレリンとフルメットは植物ホルモンの一種とされています。ジベレリン(粉末)とフルメット(液体)を水に溶かして適度な濃度にして使います。

天空のピオーネ農園アグリスジャパン 天空のピオーネ農園アグリスジャパン

 

 

 

 

 

 

 

具体的処理方法は…「満開(100%開花)~満開3日間」と「満開10~15日」の2回行います。なので、今回は1回目「満開(100%開花)~満開3日間」の処理をします。下の画像は、右から開花前、開花、開花1日後、2日後の順です。1回目の主な目的は無種子化と着粒安定。濃度はジベレリン25ppm(結実不良の心配のある場合は、フルメットを2~3ppm加える。)の水溶液を使用し、専用のトレイに入れ、花穂につけるという方法です。

天空のピオーネ農園アグリスジャパン

 

 

 

 

 

 

 

問題は、この「満開(100%開花)~満開3日間」を過ぎてしまうと種が発生したり、小粒果が発生したりするので、時期が大事!!

さぁ作業へ……雨なので、できません(ジベレリン処理は雨の日できません)。雨の日と開花の時期は調整した方がいいですね~。

予想以上に、早く終わってしまったので「天空のビオーネ農園」にいきました。実は、3ヶ月ぶりでどんなになっているのか? おお、葉がでかくなっている~新梢も伸びている~すごい!これが植物の成長速度か! ・・・雑草もでかくなっているし、茂りまくっている。これはヤバイ。これが植物(雑草)の成長速度か……。

YU=KI

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る