草刈まさおを初めて使用してみた!(動画) アグリスジャパン

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ


いきなり乗って見ても、いきなり運転できるくらい簡単です。
この動画は、いきなり運転したものです。
少し大きい農場やだだっ広い場所を草刈しなければならない場合、すごく便利で誰でもできます。
ガソリンも約1日乗り回しても持ちました。
慣れるともっとスムーズに動かすことができます。
刈り高は3cm程度まで下げることができますが、あまり無理をしない方がよさそうです。
草の中でも柔らかく短く絡む種類は、負荷が掛かりパワー負けしてしまいます。
改善する方法は、刃が良く切れる状態であれば負荷が少なくなります。

この後、1日で終わる予定でしたが、3日掛かりました。
原因は故障です。
修理を依頼しましたが、修理の原因の順位は、

①オーバーヒート
暑い時期に草刈は行われるので、車体が焼けるように熱くなることで起こるそうです。

②刃飛び
容赦なくパワー全開、地面スレスレで行く方はすぐに刃がボロボロになります。
両刃なので、裏替えせはまた戻ります。

③刈刃を回転させるベルトが切れる
このベルトは消耗品ですので、現場などで1か月使用すると交換しなければならないくらい交換頻度が高い分部で、そのベルトも通常の3倍~4倍の値段がするそうです。
交換の仕方は、エンジンを持ち上げ、その下にベルトが入っているので交換するやり方です。
エンジンは重たいですが、鉄パイプのようなものでテコで上げ挿していれば交換可能だそうです。

今回の修理はクラッチが入らない?というものでした。
要は刈刃を回そうとしてクラッチを入れても回らない。
時に回っても少し負荷が掛かると止まる現象です。

2つ改善してもらいました。
一つ目は、負荷を減らすために刃を入れ替えてもらうこと
二つ目は、クラッチを繋ぐベルトが緩んでいたので、その緩みを改善してもらいました。
ベルトの緩みを改善するのは、比較的簡単でした。
ただ、各パーツを外してなので時間は掛かります。

その後、ものすごく快調でした。
修理に時間は掛かりましたが、どこの部分がどのようにすれば壊れるのか、また交換頻度など理解することができたので、故障も悪くはありません。

しかしこの機械非常に値段が高いので自己で所有するには勇気が必要ですね。

アグリスジャパン天空のピオーネ農園

秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る