樹を噛み切るブドウトラカミキリの防除

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

今日は今年最後の防除です。 大敵ブドウトラカミキリの防除を行います。
実際には見ていませんが、この幼虫がいると枝の中を食い荒し、その先を使えなくしてしまいます。
ぶどうの樹は何年も掛けて作るので、枝を噛み切られると年単位の損失になります。

10月末で非常に寒くなってきましたが、葉の状況は良好です。
さすがに老いたて黄色くなったものもありますが、まだまだ元気な葉が多いです。
今の時期は葉が光合成を行い、来年の葉っぱ7枚程度までの成長する養分を溜めています。
この調子であれば順調に来年芽が出て伸びてくれると思います。
アグリスジャパン天空のピオーネ農園 アグリスジャパン天空のピオーネ農園

 

 

 

 

 
※いつも何かしらのトラブルが発生し、順調にはいきませんが・・・
枝の太さは3色ボールペンの太さになれば剪定する時に残すことができます。
ところどころ太さが足りないところもありますが、初期生育から考えれば順調です。

アグリスジャパン天空のピオーネ農園 アグリスジャパン天空のピオーネ農園

 

 

 

 

 
トラブルになりそうな事態はやはりこれでしょう。
はい、増えています。
毎回来るたびに。
穴が。

今日は、遠くの方で3匹遊んでいる姿を見ました。
防除の作業が終わり、園周辺を確認していたら、20m先にじっとしてこちらを見ている動物が!
そうです。イノシシです。
びっくりしてちょっとビクッと私がしたら、イノシシもビクッとしました。
その後、走り去って行きました。 ずっと地面を掘り続けています。
そこからは草が生えないので有難い?側面もありますが、一応「ここは来たらいけないよ」という意味で、 走って追いかけて見ました。
相手は野生なので少し怖いですが樹を守らなければなりません。
実際にはイノシシが止まったらどしようと思っていましたが。

べイダー秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る