草刈用の混合ガソリンを作る

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

いつも買っている混合ガソリンが 1L500円くらいするので、自分で作ることにしました。

混合ガソリンは、オイルとガソリンを混ぜて作ります。
ガソリンだけ入れるとエンジンが焼き付きます。
草刈用のガソリン:オイル比は、25:1か50:1です。
今回の草刈機は50:1です。

ミキシングタンクとオイルをホームセンターで購入。
ミキシングタンクとはオイルとガソリンを自分で混ぜられるタンクです。
ミキシングタンクは2000~3000円です。
オイルは0.5Lで1000円くらいです。
ガソリン1Lに対し20cc(40円)使用します。
現在のガソリン価格の平均を150円とすると、1L混合ガソリンが190円で出来ます。
1Lで300円の違いがでます。
1日2時間で2L使用しますので、1日で600円。
年間、春8時間、夏8時間×2、秋8時間と最低ラインで見積もっても9600円節約になります。

農業などの生産性で利益が変わる業態では小さな節約が必須になります。
しかも、この流れで何年も経営して行くことになりますので、最初に勉強し慣れることが重要です。

混ぜ方はいたって簡単で、ミキシングタンクに1Lの時のオイルのメモリがついていますので、
このメモリに合わせるだけです。
そして揺さぶり混ぜて完了。

今日は、この自作混合ガソリンで草を刈りました。
到着するまで晴れていたはずが、何故ここに来て雨。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ











向こうは晴れている。
しかし、私は雨男ではない。
どちらかと言えば晴れ男である。

まだ葉は残っている。
元気な葉っぱです。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ












べイダー秀吉

 

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る