ピオーネ1年目の若木の剪定(動画)

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ


若木の剪定を実際に行う機会は植え付けた最初だけで少ないと思います。
最初に植えた数年か、何年か経った後の植え替えが主になるので、必要事項を忘れず覚えていたいと思います。

剪定自体は、遅くすれば遅いだけ良いとされています。
主には冬枯れ、乾燥などの防止と思われます。

若木は樹がまだ弱いので、剪定は通常より遅らせます。
時期は、2月下旬から3月上旬です。

3月中旬より、根から水を吸い上げる行為、ブリージングが始まります。
これが始まると剪定はできません。
3月上旬はギリギリのタイミングです。

■剪定のポイント

①返し枝の場所を決める
これは今年伸ばす内側の亜主枝の場所を決めることですが、
その個所から枝が伸びて芽がある場合、先端であることから必ず芽がでます。
これを利用する時はこの箇所だけは剪定をしません。
教科書通りに行くと、ここは残さず剪定をします。

今回は残そうと思いましたが、良い芽があるものが少なく、
全て剪定を行いました。

返し枝を行う芽には芽傷処理を行う。

②3色ボールペン以内の延長枝を切る
細い枝では芽がでないため、細い枝の部分は切り落とす。
芽傷を入れたとしても芽はでない。

牧山実験農園で実験済み。
もったいないちう気持ちで切り戻しを躊躇すると芽がでない。

③剪定
1年目の剪定は主枝から出ている枝を切り落とす
特に難しいことは考えず単純に切り落とせばよい。

目安として、
芽傷をいれる部分は、芽が出ない、又は芽が出てももげたりするリスク分を考え、
植え付け位置より、内側の柱からトンネルの終わりの位置まで行う。
切り戻しの位置の目安は、外側の柱から内に向かいトンネルまでの部分くらいであるが、太さによる部分が大きい。

次回は、芽傷処理を行う。

べイダー秀吉

 

 

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る