芽傷後のメリット2倍を塗る!

先回、剪定をして芽傷処理までは終わらせていたので、
今日はメリット液を芽に塗る作業です。

メリット剤はリポビタンDみたいなものなのでしょうか・・・

成分としては、植物調整剤

【特長】
 ●生育に合わせて処方を使い分けられる。
 ●リン酸(ポリリン酸)が高い肥効を示す。
 ●phが中性で安心して使用できる。

【用途】
  ●メリット青・・・生育促進、葉色改善、風水害対策

【使い方】
 通常300~400倍で3~5日おきに3回以上散布。
 樹勢の弱い園では600倍程度にうすめて散布。
 コマツナ、ハクサイ、チンゲンサイなどの軟弱野菜は800倍で散布。

このメリットを芽に塗りますが、今回は2倍に薄めて使用します。
通常は葉に掛ける時は、300~400倍に薄めますが、濃度が濃いです。

やはり、ピオーネの芽は出にくいということでしょう。

塗り方は、芽にちょんちょんと塗って行くやり方もあれば、
区間が決まっているので、枝を裏表滑らすように塗ります。
今回は塗りムラを無くす為、両方を意識して塗りました。

1年目の芽傷処理は以上です。
2年目は、今回芽傷を入れて芽がでて伸びた亜主枝全てに芽傷を入れます。
1年目は1本の樹で大よそ50cm程度を2か所行う程度なので早かったですが、
次回は1m以上を8本・・・1本当たり最低8m芽傷を入れなければなりません。

芽傷を入れるという事は順調なのでうれしいことです・・・

べイダー秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る