物置の組み立て!転倒防止アンカーを打つ!

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

中古の物置を購入したので、今回は自分で組み立てたいと思います。
転倒防止も合せて打つことにします。
業者にお願いすると、組立と転倒防止のアンカー込で3~4万は取られると思います。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









物置は中・大型タイプの物です。
物置を組み立てるのに必要な道具などを新たに揃えました。
・ベースブロック(コンクリートブロック)12個
・セメント25㎏ 2袋
・土嚢(土)30㎏ 6袋
・アンカープレート 4本
・鉄筋 4本
・水平器
・塗りごて

その他、必要なものは、
・カッター
・ドライバー
・スパナ(ラチェット)
・脚立
・軍手
以上があれば組み立てることができます。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









まずはベースブロックを大まかに置きます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









正確なベースブロックの位置を決めるため、物置の枠を組立ます。
枠が掛かる場所にブロックを置き、中心を見ながら整列させます。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









その後高さがあっているかを確認します。
ここは天空のピオーネ農園=山です。
当然、凸凹であることは想定済みです。
写真のように枠がブロックより離れている箇所を合わせて行きます。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









その前に、防草シートを切り取ります。
ここの土はスコップでは掘れない固さで地盤としては問題ありませんので、
今回は土を掘って高さを合わせて行きます。
実際には、セメントで盛って高さ調節しようと思っていましたが、
土で合わせる方が効率良いので変更しました。
※セメントと土嚢は余りますが・・・

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ



 

 

スコップで土を削ってはブロックを戻し、
水平器で水平になっているかを確認します。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









ほぼ全てのブロックで微調整を行い、縦、横、斜めすべて水平になりました。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









切るついでにアンカーを打つ場所も開けておきます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









ベースの完成です。
前の白い紐は、となりにも物置がありますので、
その面前が同じになるように線を引いて合わせています。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









続いて転倒防止用のアンカーを打つ穴を掘ります。
この穴小さいですが、時間は数十分掛かります。
スコップを地面に刺し、金づちでたたきながら掘って行きます。
地表3cmくらいまでは比較的軟らかいのですが、その後は岩になります。
これを四隅の4か所掘ります。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









アンカーボルト30cmを刈り止めし、鉄筋を斜めに打ち込んでおきます。
鉄筋はお好み用ですが、値段も40円くらいなのでしておきました。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









次の工程は、モルタルを作ります。
ここで説明します。
種類の違い
セメント・・・生コンクリートやモルタルを作る原料
モルタル・・・セメントと砂を混ぜて水で練ったもの
生コンクリート・・・セメント、砂、砂利を混ぜ、水で練ったもの
生コンクリートが固まると「生」が取れて、コンクリートになります。
用途の違い
生コンクリートは、構造や躯体などに使用します。
モルタルは、下地、仕上げなど用途は多い。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









土嚢を箱に移します。
少し小さめな箱ですが・・・
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









そこにセメントを入れて行きます。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









バランスはセメント1に対し砂3(1:3)岡山吉備中央町ぶどうピオーネ










そして色が一色になるまでよく混ぜます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









混ぜ終わると、水を入れます。
大よそセメントと同等くらいの水を入れますが、
乾燥した日、土嚢が湿っている、用途により調節します。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









今回は1回で作れる量が少ないため、3回くらいに分けて水を入れて行き混ぜました。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









モルタル完成!
次にモルタルを転倒防止用に作った穴に入れて行きます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









大胆にどんどん入れて行きます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









隙間を無くすようにと、空気を抜く感じでザクザクさします。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









モルタルが足りないところは塗りごてで補充します。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









端などをごてで整えて完成です。
同じように残り3か所を行います。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









次の工程は物置を組み立てて行きま。
その前に、中古で相当汚れがひどいので洗ってもらいました。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









まずは底板を取り付けます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









柱を取り付けます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









側面の板を取り付けます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









背面の板を取り付けます。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









扉を取り付けて行きます。
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









天板を取り付け完成です。
何やら日の暮れ方が違う・・・
扉の構造を理解するまで時間が掛かってしまいました。

最大のアドバイスです。
手動でラチェットやドライバーでするには本数的にも時間的にも限界があります。
終わりごろには腕を上げるだけでつりそうになるくらいです。
電動ドライバーなどあれば組み立て時間半分以下になると思います。
※結構やり直し多いので、見た目以上にネジを回しています。

自作完成!

べイダー秀吉

 

 

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る