枝の管理

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

延長枝の確保が出来て来ました。
芽飛びも多く教科書通りには行きません。

芽かぎは重要な作業なのがこの辺りになるとわかります。
芽は主の芽と両サイドに副の芽があります。
そのままにしておくと一つの場所から3つの芽が成長してしまいます。

芽かぎで基本はこれを一つにします。
主を使用するのがベターですが、芽の向きによっては使いにくのもあり、
ある程度成長した段階で見極め、成長の良好な芽と向きの良い芽を残して行きます。
今回は保険を掛け過ぎました。
保険を掛け過ぎて良いことは、枝を誘引する時に折れても代替えがあることで、
悪い事は、養分の分散が置き、結果どれも成長が弱く延長枝の選択に困ることです。
その後の副梢管理などの手間も増えます。

やはり2年目でも芽かぎは重要なのを知ることができました。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









これは切る前の枝です。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









これは切った後の枝です。
散髪と同じでスッキリしました。
風通しもよく、日当たりも万遍なく行きわたり、
副梢管理も見やすく、防除も全体に掛けやすい。

芽かぎでここまでを想像しながら作ることが求められます。
今回は、養分分散が起こることはやむ得ず、
このところで修正しようと考えていたので、
天空ピオーネ農園では予定通りです。

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









延長候補の枝を作り、若干誘引を始めました。
芽飛びを想定して、剪定時の芽傷処理は長めにしておくと良いと思います。

べイダー秀吉

 

 

 

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る