主枝延長!の長い道のり

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

7月末まで主枝を伸ばすことが主な仕事です。
長さで3m伸びれば標準です。
現在、平均的に1m程伸びていますので、順調な生育状況です。

しかしながら、あくまで平均で1~2割は何らかの問題を抱えます。

①移植した樹の成長
2年目と比較して成長は遅い。
約3カ月は遅い気がします。

②誘引中、主枝が折れる
ほとんどは脇芽で回復し、成長も若干の遅れで済みます。
時に基部近くから折れ時間の掛かるものがでます。

③外側の主枝候補2本目がなかなか伸びない。
順調に行けば外側は伸ばしている枝を1本とし、
良く伸びる脇芽をもう1本とします。
元気の良い脇芽が出ない場合、先端を摘心して2本共脇芽に変更します。
この際若干成長に遅れがでます。

④まれに枝葉の成育の悪い箇所がある
1年目は左右に伸ばして行きますが、右側は枝葉共に生育は普通ですが、
左側は何故かしょぼしょぼの葉にゆるゆるの枝が出てきます。

JAアドバイザーからは、時に突然変異がある。
その個所を切ってどこからか誘引するしかない。

岡本五郎先生からは、
多分、悪いほうの主枝の元部またはそれにつながる太根に大きな傷跡
(苗の段階で折れた、あるいは主幹害虫の食入など)があると思われる。
回復は難しいので、それは切り落として健全な主枝をさらに延長するか、
あるいは今後株元から発生する強い新梢を新たに主枝として育成するかされるのが良いです。

この樹の片側を切り落とし、反対側の主枝として取れそうな芽、枝見つけ、
主枝として行きます。
写真:健全な側
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









写真:成長の悪い枝・葉
岡山吉備中央町ぶどうピオーネ









主枝延長は見上げる仕事なので、首が痛い!
私より伸長が低いと常に背伸び状態です。
労働環境を良くするのも仕事のひとつ!
手を打ってみましょう。

べイダー秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る