付加価値をつける加工品を制する

企業の参入も多いが、加工品の話題も事欠かない。
農業大学校で先生に加工品に手を出すな!と何回も言われた覚えがあります。

しかし、加工をするということで付加価値を付けることができます。
それは価値を高める効果があります。
この付加価値の付け方が勝敗を分けます。
しかしプロ野球の守備にプロピッチャーが投げる球を素人がヒットさせる確率です。
まぐれでヒットするかもわかりませんので、闇雲に何でも加工してしまうのかもしれませんね。
やはり経営センスも求められ、マーケティングも必要になるかもしれません。

■農産物卸岡山直売ネットワーク
岡山県産乾燥野菜の海外販売
生鮮品に比べ軽く、低コストで輸送するメリット
5~20%の軽さ
海外に暮らす日本人向けに販売
海外通販を手掛けるサービスセンター(東京)と提携
インターネットで販売
岡山市産ニンジン1袋35グラム480円(運賃別)
瀬戸内市産キャベツ1袋35グラム480円(運賃別)
倉敷市産レンコン1袋30グラム480円(運賃別)
9品目約1千袋を2か月で販売
インド、南アフリカ、ブラジルなど約10か国に空輸
乾物八百屋シリーズでブランド化
スーパーでも販売開始
JAから旬の野菜を調達
食品加工卸ダイキフーズ(岡山市北区新道)加工委託
在留邦人120万人がターゲット(外務省統計)

■洋蘭果樹栽培スコレー
岡山市北区御津吉尾
自社栽培の中南米原産ドラゴンフルーツの茎を茶に加工
敷地内カフェ「D CAFE」で販売
活用法を研究
乾燥させた後で焙煎すると青臭さがとれる
1200円で販売

■ドラッグストアザグザグ
岡山理科大と共同開発
ピオーネの皮から抽出したエキスの機能性ドリンク
老化を防ぐポリフェノール
皮はワイン工場で廃棄されるものを使用
製造 岐阜県食品メーカーに委託
ラ・レスベラトロール50ml10本入り7560円

■瀬戸農産物加工企業組合
岡山市東区瀬戸町大内
地元の農産品を使ったジャムに真庭市蒜山産のジャージー牛乳のバター
「ジャム&バター」を商品化
手軽に使えるようチューブ式を採用
白桃、梅、イチゴの3種類
1個190グラム385円
飲むゼリー1パック160グラム250円

■酪農cafe mou-mou-kitchen
笠岡湾干拓地
自家生産する牛乳でソフトクリームフォンデュ
看板商品はソフトクリーム
価格帯は1200円と1500円

良く考えられていて真似できないものが多いです。
この真似がしにくい事が1つのポイントになりそうです。

秀吉

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る