ぶどうの着色を自動で分類できる!

岡山吉備中央町ぶどうピオーネ

岡山のぶどう特産ピオーネは、色が黒ければ黒いほど高級です。
赤色っぽくなると等級は下がります。

要するに薄い赤色から黒色までいろんな色で出来ます。
同じ黒でも少し赤みが残っていたり、数粒赤っぽいなどでも
等級は下がります。

一番良いピオーネは、黒くて粒がわりに大きく、そして軸まで実が詰まっているものです。
※ぶどうの軸の周りを肩といい、その周りにぶどうがあることが肩をまくといいます。

今までは、自分の目で見て色分けをしていましたが、
人によるもので少しブレもあったかもしれません。

そこで今回、「JAびほく西部ぶどう選果場」(岡山県高梁市中原町)に、
ピオーネの着色を見分ける自動システムが導入されました。

この高梁市、トマトも選果場を持っていて、色も自動で識別し、
箱詰めも自動、最終には同じ等級や量のものを集めて自動で出てきます。
この選果場に運ぶトラック、待機場もすべてコールド管理をしています。
このことをコールドチェーンといいます。

この徹底された管理をピオーネに導入してきたのでしょう。

選果場を統合し、このピオーネの着色システムを導入。
費用は、1億2千万円(着色システムは1600万円)

これを導入すると当然、人の管理が減り、また個人の感覚で見ていた選別も
ばらつきがなくなる。
メリットは、品質への信頼である。

私の圃場はその市の横の吉備中央町。
ここまでの導入は厳しいが、厳しい目線で等級を分けることはできる。
あくまでも買った人が喜ぶイメージを持っていれば、十分戦える。

秀吉

 

 

 

関連記事

ブログをメールで読む

メールアドレスを記入すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る